MonaCoin (MONA)

日本の匿名掲示板から誕生した仮想通貨

Monacoinは日本の匿名掲示板(2ちゃんねる)から誕生した仮想通貨です。Litecoinの技術をベースにして作られており、基本的な仕組みは同じです。Monacoinの価値を支えているのは活発なコミュニティの力であり、誕生の経緯から日本(特に秋葉原の実店舗)での利用が多い通貨となっています。なお、Bitcoinに先駆けて、SegWitを導入した通貨です。

海外取引所で購入するにはビットコイン
又はイーサリアムの購入が必要です。

  • 流動性
    56
  • 開発者
    56
  • コミュニティ
    39

SPEC
スペック情報

  • 時価総額
    ¥19,011,046,724
  • 日本円価格
    ¥291
  • 米ドル価格
    $2.71
  • BTC価格
    0.0002479 BTC
  • 取引高
    1,873,274,043
  • 24時間最安値
    ¥277
  • 24時間最高値
    ¥294
  • 過去最高値
    ¥1,847
  • 最高値からの下落率
    -84.2%
  • 最高値日
    2017-12-06
  • 1時間前からの価格変動率
    -0.4%
  • 7日前からの価格変動率
    29.9%
  • 14日前からの価格変動率
    17.5%
  • 30日前からの価格変動率
    153.6%
  • 60日前からの価格変動率
    154.0%
  • 1年前からの価格変動率
    15.9%
  • ホームページリンク
  • ブロックチェーン情報ページリンク
  • フォーラムページリンク
  • ブロックチェーン開始日
    2014-01-01
  • マイニング済みの発行枚数
    65,360,425
  • 発行上限枚数
    105,120,000

SNS
ソーシャルネットワーキングサービス

FEED
フィード

ABOUT
紹介

Monacoinは、「Mr.Watanabe」(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)と称する匿名の人物によって開発された仮想通貨です。通貨記号は「MONA」です。 大規模匿名掲示板である「2ちゃんねる」(現「5ちゃんねる」)のソフトウェア板で2014年1月1日に誕生しました。名称は、2ちゃんねる発祥のアスキーアートによるキャラクターの「モナー」に由来しています。 Monacoinは、Litecoinの技術をベースにして作られており、基本的な性質・仕組みはLitecoinと同じです。なおSegWitに関しては、BitcoinやLitecoinに先駆けて導入しています。 当初はハッシュ関数がLitecoinと同じ「Scrypt」でしたが、現在は匿名通貨のVergeでも使用されている「Lyra2REv2」がハッシュ関数として採用されるなど、Litecoinと差異が生じつつあります。 Monacoinの価値を支えているのは活発なコミュニティの力であり、誕生の経緯から日本(その中でも、特に秋葉原の実店舗)での利用が多い通貨となっています。 Monacoinは、日本や海外の複数の仮想通貨交換業者で取引が可能です。 Monacoinは、ブロックチェーンを分散型台帳として使用し、プルーフ・オブ・ワークによって二重支払の検知・防止を行い、信頼性を確保しています。「Mr.Watanabe」というハンドルネームの匿名開発者は存在するものの、中央管理者は存在せず、Bitcoinと同じ非中央集権的な仮想通貨です。 Monacoinは、日本発祥の仮想通貨であるため、日本人利用者が多く、主に秋葉原のパソコンショップやバー、メイド喫茶などで実利用が可能な仮想通貨です。また、同人誌即売会のコミックマーケットにおいてMonacoinでの支払いを受け付けるサークルも存在します。日本国内に限定すると、現状ではBitcoinに次いで実利用可能な店舗が多い通貨となっています。(2018年7月時点)  利益に繋がらなくても良いから仲間と一緒に楽しみたいという考え方の愛好家が多く存在していることがMonacoinコミュニティの特徴となっています。しばしば、オフ会などでMonacoinを無償配布したり、広告費用を自腹で負担する愛好家も存在します。Monacoinは、経済的な実用性よりは趣味・娯楽としての性質が強い仮想通貨です。