Litecoin (LTC)

Bitcoinを補助するために開発された仮想通貨

Litecoinは、Bitcoinを補完する目的でCharlie Leeによって開発された仮想通貨です。Bitcoinよりもブロック生成が速いため、送金に要する時間が短くなっており、手数料も低く抑えられています。Bitcoinは手数料が高く送金時間も長いため少額決済には不向きですが、Litecoinは手数料が安く送金時間も短いため日常的な少額決済に向いている仮想通貨です。

海外取引所で購入するにはビットコイン
又はイーサリアムの購入が必要です。

  • 流動性
    89
  • 開発者
    69
  • コミュニティ
    62

SPEC
スペック情報

SNS
ソーシャルネットワーキングサービス

FEED
フィード

ABOUT
紹介

Litecoinは、Bitcoinを補完する目的で2011年10月に誕生した仮想通貨です。通貨記号は「LTC」です。マサチューセッツ工科大学大学院で修士号を取得し、Googleやアメリカの仮想通貨交換業者CoinbaseでエンジニアをしていたCharlie Leeという人物によって開発されました。Bitcoinの暗号化方式には「SHA-256」というハッシュ関数が使用されているのに対し、Litecoinの暗号化方式には「Scrypt」というハッシュ関数が使われています。「Scrypt」は計算に使用するメモリ領域が大きいためにASICでの計算効率化が容易ではありません。それによって、当初は一部のマイナーが肥大化して「51%攻撃」が可能になることを防ぐ効果がありました。ただしその後の技術開発により、現在ではScryptに対する計算効率化も実現されています。 ブロックチェーンを分散型台帳として使用し、プルーフ・オブ・ワークによって二重支払の検知・防止を行って信頼性を確保している点は、BitcoinもLitecoinも同じです。 Litecoinは、Bitcoinよりもブロック生成が速いため送金に要する時間が短くなっており、手数料も低く抑えられています。 そのためBitcoinとは対照的にLitecoinは日常的な少額決済に向いています。 なおLitecoinは、Bitcoinに先駆けてSegWitを導入した通貨であり、またライトニングネットワークによるBitcoinとのアトミックスワップ(信頼できる第三者を必要とせずにある仮想通貨を別の仮想通貨に交換する技術)を初めて成功させた通貨です。 これによりLite coinは、Bitcoinに取って代わろうとしているのではなく、Bitcoinとの相互補完的な共存を目指しています。

Litecoinは、日常的な決済手段として利用するため、送金時間が短く、手数料が安くなるよう設計されています。ブロックの平均生成間隔は2.5分であり、Bitcoinの10分に比べると4分の1となっています。 このため取引の承認時間もBitcoinよりも短く、未承認取引が少なくなって、送金手数料も安く済みます。 Litecoinは、日本や海外の多数の仮想通貨交換業者で購入することができます。なお、仮想通貨交換業者のCRYPTOPIAにおいて、Litecoinは基軸通貨の1つとして取引に用いられています。以前から、アメリカの大手仮想通貨交換業者Coinbaseで取り扱われていることもあり、アメリカでは特に利用者が多い仮想通貨の1つとなっています。