Bitcoin (BTC)

サトシ・ナカモトが開発したブロックチェーン技術を用いた仮想通貨

Bitcoinは「サトシ・ナカモト」と名乗る匿名の人物によって開発されたブロックチェーンという分散型台帳技術を用いた世界初の暗号通貨(仮想通貨)です。 仮想通貨の世界で基軸通貨として用いられており、最も高い価格を維持し続けています。 送金速度が遅いことが問題視されていますが、ライトニングネットワークと呼ばれる技術の登場により、解決されつつあります。

海外取引所で購入するにはビットコイン
又はイーサリアムの購入が必要です。

  • 流動性
    100
  • 開発者
    92
  • コミュニティ
    91

SPEC
スペック情報

SNS
ソーシャルネットワーキングサービス

FEED
フィード

ABOUT
紹介

理念

Bitcoinは、「サトシ・ナカモト」と称する匿名の人物により、独立主権国家の中央銀行が発行する法定通貨からの自由を希求して開発された暗号通貨(仮想通貨)です。

Bitcoinは誰かが発行するものではなく、採掘(マイニング)により産出されているものです。

ブロックチェーン技術およびプルーフ・オブ・ワークという仕組みによって、国家や銀行のような中央管理者が存在しなくても二重支払を防止し、分散型台帳の信頼性を維持することが可能となっています。

誕生以来、仮想通貨のなかで最も高い価格を維持しており、信頼性や流通性などの面で仮想通貨の代表格となっています。

日本でもビックカメラをはじめとして多くの小売店で決済に用いられるようになる中、送金遅延・送金手数料高騰の問題(スケーラビリティ問題)が原因となり、開発コミュニティが分裂して、Bitcoin Cashなどの新通貨がハードフォークすることになりました。

しかし最近になって、ライトニングネットワークというオフチェーン技術が実用化されつつあり、スケーラビリティ問題の解決に期待が高まっています。

特徴

Bitcoinは、「Bitcoin Core」という公式ソフトウェアを開発しているコミュニティが中心となっていますが、彼らは独立主権国家や中央銀行のような意味での「中央管理者」ではありません。

Bitcoinは誰かが管理・運営しているものではなく、ブロックチェーン技術とプルーフ・オブ・ワークという仕組みによって、二重支払い等の不正を自律的に監視、防止しながら、公正かつ正当な取引を実現しています。

プルーフ・オブ・ワークという仕組みは、計算機のパワーを膨大に消費するため、高性能の特殊な集積回路(ASIC)と大量の電力が必要となります。

そのため、現在Bitcoinの採掘(マイニング)は、電気代の安い国で「マイニング・プール」と呼ばれる形態で大規模に実施するしかありません。

個人が採掘を行うのは現在ではほぼ不可能な状況になっています。

またBitcoinのブロックチェーン技術ではブロックサイズが小さいため、多くの人達がBitcoinを利用するようになると、送金の遅延・送金手数料高騰問題(スケーラビリティ問題)が発生しました。

Bitcoin Core開発コミュニティでも解決策が議論がされましたが、意見が折り合わず、一部のメンバーが離反し、Bitcoin Cashという新通貨をハードフォークさせるに至りました。

その後Bitcoinは、SegWitと呼ばれる技術を導入し、完全とまではいかないにせよ、スケーラビリティ問題のある程度の解決を目指しましたが、依然として送金遅延問題が残存している状況です。

しかし、現在、ライトニングネットワークの実用化が進んでおり、スケーラビリティ問題の完全解決に期待が高まっています。