Bitcoin Cash (BCH)

ブロックサイズを巡る議論の中でビットコインからハードフォークして誕生

Bitcoin Cashは2017年8月にBitcoinからハードフォークして誕生した仮想通貨です。 Bitcoinよりもブロックサイズを大きくすることで、スケーラビリティ問題(送金処理の遅延)の解決に成功しています。 またスマートコントラクト機能を実装するハードフォークにも成功し、特許を取得しています。

海外取引所で購入するにはビットコイン
又はイーサリアムの購入が必要です。

  • 流動性
    84
  • 開発者
    69
  • コミュニティ
    65

SPEC
スペック情報

  • 時価総額
    ¥419,375,543,625
  • 日本円価格
    ¥23,249
  • 米ドル価格
    $216
  • BTC価格
    0.02638 BTC
  • 取引高
    291,007,969,182
  • 24時間最安値
    ¥23,219
  • 24時間最高値
    ¥24,934
  • 過去最高値
    ¥428,738
  • 最高値からの下落率
    -94.6%
  • 最高値日
    2017-12-20
  • 1時間前からの価格変動率
    -1.1%
  • 7日前からの価格変動率
    -33.7%
  • 14日前からの価格変動率
    -27.8%
  • 30日前からの価格変動率
    -29.4%
  • 60日前からの価格変動率
    -29.8%
  • 1年前からの価格変動率
    -53.8%
  • ホームページリンク
  • ブロックチェーン情報ページリンク
  • フォーラムページリンク
  • マイニング済みの発行枚数
    18,024,240
  • 発行上限枚数
    21,000,000

SNS
ソーシャルネットワーキングサービス

FEED
フィード

ABOUT
紹介

理念

Bitcoin Cashは、2017年8月1日にBitcoinからハードフォークして誕生した仮想通貨です。

スケーラビリティ問題(=送金遅延問題、送金手数料高騰問題)に関する意見の相違から、Bitcoinのコミュニティが分裂しハードフォークに至りました。

ハードフォーク前、Bitcoinのコミュニティはスケーラビリティ問題に関して、
「ブロックサイズ(ブロックチェーンの1ブロックのサイズ)を変えないまま、SegWitやライトニングネットワークという技術により解決しようとする勢力」と
「ブロックサイズを大きくすることで解決しようとする勢力」とに分かれていました。
結果的に双方の意見の隔たりが大きくなりすぎたため、後者がハードフォークを主導してBitcoin Cashを誕生させました。

Bitcoin Cashのコミュニティは、有能な開発者を数多く抱えており、ブロックサイズの拡大によるスケーラビリティ問題の解決だけではなく、2018年5月にはスマートコントラクト機能を持つようにするためのハードフォークも行われました。

なお、Bitcoin Cashの開発者であるクレイグ・ライトが所属しているnChainというブロックチェーン開発研究企業は、欧州特許庁(EPO)からスマートコントラクト機能に関する特許を取得しています。

特徴

Bitcoin Cashは、ブロックサイズが大きく、Bitcoinに比べて送金が遅延しにくい仕組みになっています。

また、2018年5月のハードフォークにより、スマートコントラクト機能も実装され、Ethereumと競合する存在となる可能性も出てきました。

欧州特許庁からスマートコントラクト関連の特許を取得しているため、一部ではEthereumよりもBitcoin Cashの方が法的に強いのではないかとの意見も囁かれています。

今後、スマートコントラクト機能以外にも様々な機能(例えば、携帯電話のSMSでBitcoin Cashを送金する機能など)が付加される予定となっています。

現時点(2018年11月)では、日本国内でBitcoin Cashを決済に用いることが可能な実店舗は殆どないものの、欧米諸国では使用できる実店舗が増えつつあり、今後実利用がさらに広がることが期待されています。