Augur (REP)

将来の出来事を予測する「分散型未来予測市場」プロジェクト

Augurは、中央管理者なしで運営される「未来予測市場」の実現を目的に作られたプラットフォームです。Augurの通貨記号は「REP」と表記されます。Augurプラットフォームは、スマートコントラクト技術を利用することで、胴元が存在しない、公正・公平なギャンブル市場が可能になります。また、Augurの技術を「保険業界」で活用することで、保険ビジネスを変革できるのではないかと期待されています。

海外取引所で購入するにはビットコイン
又はイーサリアムの購入が必要です。

  • 流動性
    49
  • 開発者
    63
  • コミュニティ
    49

SPEC
スペック情報

  • 時価総額
    ¥21,402,449,887
  • 日本円価格
    ¥1,945
  • 米ドル価格
    $18.12
  • BTC価格
    0.001658 BTC
  • 取引高
    1,956,374,671
  • 24時間最安値
    ¥1,918
  • 24時間最高値
    ¥2,005
  • 過去最高値
    ¥38,906
  • 最高値からの下落率
    -95.0%
  • 最高値日
    2016-02-10
  • 1時間前からの価格変動率
    -0.3%
  • 7日前からの価格変動率
    -3.9%
  • 14日前からの価格変動率
    0.6%
  • 30日前からの価格変動率
    -7.8%
  • 60日前からの価格変動率
    -20.1%
  • 1年前からの価格変動率
    -42.2%
  • ホームページリンク
  • ブロックチェーン情報ページリンク
  • フォーラムページリンク
  • マイニング済みの発行枚数
    11,000,000
  • 発行上限枚数
    11,000,000

SNS
ソーシャルネットワーキングサービス

FEED
フィード

ABOUT
紹介

Augurは、中央管理者なしで運営される「分散型未来予測市場」の実現を目的として作られたプラットフォーム、および、その内部通貨です。ERC20の規格に準拠しており、通貨記号は「REP」です。ちなみに、Augurは「鳥占官」(古代エトルリアや古代ローマにおいて占いを司る官職)、REPは「Reputation」(評判)という意味です。 Augurプラットフォームは、スマートコントラクト技術を利用することで、仲介者や胴元が存在しない、公正・公平な予測市場あるいはギャンブル市場を実現できます。なお、Augurの技術を「保険業界」で活用することにより、保険ビジネスを変革できるのではないかと期待されています。 Augurでは、予測市場に備わっている「群衆の知恵」(Wisdom of the Crowd)と呼ばれる特性が活用されます。これは、2004年にジェームズ・スロウィッキーの著書『みんなの意見は案外正しい』において提唱された概念で、「ある命題に対し、専門家でない不特定多数による多数決による判断の方が、専門家1人による判断よりも統計的に優れている」というものです。 「予測市場」とは、未来に発生する事象に関する群衆の意見を先物市場のメカニズムを用いて1つの数値に集約し、その数値を「予測値」とするものです。 予測市場においては、先物市場における「現物」に対応する商品が存在しないため、商品の価格変動の影響を回避する手段(リスクヘッジ)として利用されるのではなく、価格変動を利用して利益を得ること(投機)が取引の動機となります。 現在までの予測市場は中央集権的であり、仲介者・胴元が儲ける仕組みになっていましたが、Augurを利用すると、自動で設定から配当まで実行する仕組みにより、利用者間で取引を行うのみの、仲介者・胴元が存在しない非中央集権的な予測市場が構築できます。 Augurには、「レポーター」という事実認定の担当者が置かれており、予め保証金を預けた上で、正しい事実認定を行うと報酬が配布され、間違った事実認定を行うと保証金を没収される仕組みが存在します。 Augurが実現する予測市場の仕組みは、ギャンブルに利用できますが、それだけではなく、保険システムとも共通点が多いため、ブロックチェーン技術やスマートコントラクト機能を利用することにより、保険業界に革新を起こすのではないかとも期待されています。