匿名コイン

ビットコインを始めとした多くのコインは、どのアドレスかどのアドレスへ、いくら送金されたのかといった記録が常に公開されています。それに対して匿名コインというのは、そうした情報を外から分からなくする仕組みを搭載したコインのことです。

匿名コインの特徴

匿名コインの特徴は暗号技術によって送り手と受け手の情報をオープンにせず、利用者のプライバシーを守ることができるという特徴があります。

本来暗号化された情報というものは機密性が高くなっているものが多いですが、仮想通貨における暗号技術を使用して発行されたコインで匿名性の高くなっているコインは数が少ないのが現状です。

仮想通貨の代表的なビットコインはブロックチェーン技術を利用し、取引を全て公開することで信頼と安全な基盤を作り上げています。また、イーサリアムやビットコインキャッシュといった時価総額の高い仮想通貨はほとんど同じような透明性の高い方式を取っています。

しかし、技術は保ちながら匿名性を付け加えることはできないのかという意見もあります。実際生活で使用している日本円は追跡することができず、使用した情報は世界中に公開されるわけでもありません。

透明性が高いコインとの違い

匿名コインと透明性が高いコインの違いについて知名度の高い通貨を選定し、いくつかの観点から比較してみましょう。

匿名コイン(Monero、Dashなど) 透明性が高いコイン(Bitcoin、Ethereumなど)
暴落リスク
暴落リスク高い

暴落リスク普通
規制
受けやすい

受けにくい
匿名性
高い匿名性

チェーン上に記録が残り誰でも閲覧可能
送金速度
比較的早い(但し通貨による)

比較的遅い(但し通貨による)
送金手数料
比較的安い(但し通貨による)

時期によっては高い(但し通貨による)
利用用途
現存するものでは匿名で送金できる以外の機能が乏しい

使用できる店舗や機能が様々

匿名コインの仕組み

では、匿名コインはどのような仕組みを利用して匿名化しているのでしょうか。
基本的には

  1. 接続経路の匿名化
  2. 通信内容の匿名化
  3. 送受信アドレスの暗号化

の3種類を使用して匿名化して行くのですが、実際に匿名コインに導入されている匿名方式の仕組みを紹介します。

リング署名

リング署名とは、複数人のグループをひとまとめにして署名を行い送金や取引を行う電子署名です。

通常AさんがBさんと取引する場合AさんはBさんと取引する電子署名を行う必要がありますが、この場合Aさんが取引を行なったことを誰でも確認することができてしまいます。

ところがリング署名を行うと、複数人の取引を混ぜたグループAに署名を行えば良いわけですから誰がどの取引を行なったのか分かりにくくしています。

これに該当する匿名通貨はMoneroで、次項のワンタイムアドレスと併用して使われます。

ワンタイムアドレス

ワンタイムアドレスとは取引ごとに送金先のアドレスを自動で生成し、一定時間の間に一度だけ使用できる権限を与えます。

毎回の取引でアドレスが変わるため、どこからどこに送金されたかを特定しづらくしています。

コインジョイン

コインジョインは同時期に取引予定の複数名の取引を一度一箇所の送金用のプールに溜め、プールから受取人に送金する方式のことです。

例えば、
A・B・Cさんが、それぞれD・E・Fさんに送金するとして、
A・B・Cさんの取引を一度プールを経由し送金することで、
第三者はプールから受取人までの取引をブロックチェーン上で追うことができますが、
誰がプールに送金したかは追うことができません。

これは、プールまでの送金記録がブロックチェーン上に残らないためです。

この方式を採用しているのが「DASH」という仮想通貨です。

ゼロ知識証明

ゼロ知識証明(Zero-knowledge proof)は証明を行う人が、相手方の情報や取引内容を一切公開せずにその情報が真実であることを証明する方式のことです。
別名でゼロ知識対話証明(ZKIP)とも呼ばれます。

どのように「情報だけが真実であるか」を証明するかという例について分かり易い説明としてジャン=ジャックの洞窟というベルギーの暗号学者が提案した問題がありますので紹介します。

まず、上記画像の緑色の服の方を”緑”さん、ピンク色の方を”ピンクさん”と呼びます。
ピンクさんが洞窟の奥の魔法の扉の合言葉を発見したとします。そこへ行くにはAもしくはBの2つの経路をへて向かう必要があり、合言葉を唱えると扉が開き反対側へ通ることができます。

緑さんはお金を払ってでも合言葉を知りたいのですが、ピンクさんが本当に合言葉を知っているか確認できるまではお金を支払いたくない。ピンクさんは合言葉そのものを教えることなく合言葉を知っている証明を行うために以下のような方法を取る。

1.ピンクさんのみ洞窟に入りAかBの経路をランダムで進み魔法の扉の場所まで移動する。
2.ピンクさんが魔法の扉の場所まで移動したら緑さんは洞窟の入り口でランダムに選んだ経路で戻って来て欲しいと伝え、ピンクさんは指定された経路で戻ってくる。

この際に、緑さんはピンクさんがどちらの道で最初洞窟を進んだかは見てないことにする

ピンクさんが合言葉を知っていた場合:
緑さんが選んだ道から戻ってこれるため、ピンクさんが合言葉を知っていることを緑さんは知ることができる。

ピンクさんが合言葉を知らなかった場合:
緑さんが選んだ道から戻ってこれる確率は50%のため、何度もこの方法でテストを行えばピンクさんが緑さんのリクエストに答え続けることはほぼ不可能で、ピンクさんが合言葉を知らないことを緑さんは知ることができる。

こうすることでピンクさんは緑さんに合言葉を盗み聞きされる恐れを排除し、緑さんはピンクさんの行動を確認することなく合言葉が正しいかのみの情報を確認することができる。

こうした仕組みを利用することによってゼロ知識証明では送金元のアドレスや金額など全ての情報を隠したまま送金を行うことが可能で、その情報を開示できるのは秘密鍵を所有している者のみとなります。

これを応用している仮想通貨は「Zcash」です。

Torネットワーク

Tor(The Onion Router)ネットワークは、P2P技術を用いることで、通常サーバーやウェブサイトにアクセスした際に残ってしまうIPアドレスなどの情報を一切残さずに匿名化する通信方式のことです。

元々はアメリカの政府主導で開発されたプロジェクトですが、2003年にオープンソース化されました。仕組みとしては、利用しているコンピューターから接続するウェブサイトまでの間にP2P形式でいくつもの経由地点を追加し、経由地点のログを残さないことで特定のユーザーを追跡することを困難にしています。

これを応用している仮想通貨は「Verge」や「Stealthcoin」などです。

I2P

I2P(The Invisible Internet Project)は日本語で不可視なインターネットプロジェクトと呼ばれており、ネットワーク通信の始発を匿名化し、さらに間の通信内容も暗号化する方式で匿名化されたネットワークを構築するソフトフェア、及びプロトコルの総称です。

I2Pを使用することで、送信元の情報と送信先の情報を得ることが困難になるため利用者を保護する仕組みです。

ダーク・ウェブやディープ・ウェブといったいわゆるインターネットの検索エンジンにひっかからないWebページなどは、TorとI2P技術が使用されたOnion Routigという技術で提供されています。

これを応用している仮想通貨は「Verge」です。

匿名コインのメリット

誰がいくら送金したのかを隠せる

送金や支払いといった形で現在多く使用されているのはビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムといった知名度の高い仮想通貨ですが、これらは全て透明性を高くするためにそれぞれの取引トランザクションを公開しており、自身の送金履歴や保有資産を第三者が知ることができる状態にあります。

透明性といった点では良いかもしれませんが、プライバシーの観点から考えると個人情報の流出はできるだけ避けて取引できるならそれに越したことはありません。

匿名コインはそのコインが導入している匿名化方式によって一定のあるいは全ての情報の追跡を困難なものにすることができます。

裏社会で一定の需要がある

匿名コインは自身のプライバシーを守るために利用したいという方もいますが、ダークウェブ上での闇取引など裏社会で一定の需要があります。それが起因してか匿名通貨の代表格とも呼ばれる「Monero」は2018年11月の時点でCoinmarketcapの時価総額ランキングで9位にランクインしており、時価総額は2,000億円を超えています。また、Dashという匿名コインは12位で時価総額1,500億円、19位にはZcashという匿名コインも入っており時価総額は700億円ほどです。

このように多くの匿名コインが数ある仮想通貨の中でも上位に食い込んでおり匿名機能を使用した取引を行いたい、あるいはそうした取引が今後行われるだろうという需要の高さが伺えます。

匿名コインのデメリット

規制に流されやすい

2018年に入りCoincheckの巨額NEMハッキング事件や多くの取引所から盗難した仮想通貨はダークウェブという深層ネットワークで匿名通貨を使用して追跡できない形で資金洗浄しているといった噂や、暴力団の資金洗浄に匿名通貨が使用されたという話は真相はどうあれインターネットで検索するとすぐ見つかるぐらいに情報が出回っています。

そのため日本では匿名コインを取引できる取引所が現状有りませんし、匿名コインを扱う取引所は金融庁がライセンスを発行しません。アメリカでは、唯一Geminiという取引所が2018年6月にニューヨーク州の金融サービス局から認可を受けZcashという匿名コインが取引できるようになっています。

匿名コインを利用する利用者同士での取引が咎められることは当分ないかもしれませんが、各国の対応によっていくつかの取引所から匿名コインが除外されるリスクは当然有り、その性質上規制に流されやすい側面を持っています。

犯罪に使用される恐れがある

匿名性の高い仮想通貨の中でもMoneroやDashといった知名度の高いコインは2018年11月時点ではCoinmarketcapの時価総額ランキングでそれぞれ9位と12位に入るほど人気です。

日本でもコインチェックでDashやMoneroは扱われていましたが、その匿名性の高さからマネーロンダリングに使用される恐れがあるとして金融庁ライセンスを発行してもらえなかった過去があります。

日本の仮想通貨取引所の業界団体、日本仮想通貨交換業協会は2018年9月12日に自主規制ルールを発表し、匿名性の高い仮想通貨は取り扱わない方針で合意しました。

匿名コインの選び方

匿名コインを選ぶ場合は仮想通貨取引を行う上で

  • どの程度の匿名性が必要か
  • またその仮想通貨の需要があるか

の2点を考慮して選ぶと良いでしょう。

例えば、

  • 取引する人と取引する相手の情報を匿名にしたい場合コインジョインを採用している「DASH」や
  • Torネットワーク・I2Pを採用している「Verge」
  • 取引する人と取引する相手の情報と共に取引した内容も匿名にしたい場合はリング署名やワンタイムアドレスを採用している「Monero」
  • 取引に関わる全ての情報を隠したい場合はゼロ知識証明を採用している「Zcash」

といった形です。

また希望の匿名性を実装していても市場に流通され一定の価値を担保できている通貨でなければ、取引したくてもその匿名通貨を受け取ってくれないというリスクもあるので、知名度の高い仮想通貨を選ぶと良いでしょう。

匿名コインの Q&A

Q1匿名コインを仮想通貨取引所で売買しても匿名化されるの?

A1匿名コインを仮想通貨取引所で購入しても取引所の取引履歴に記録されてしまうため匿名化されません。取引所Aで購入→取引所Bに送金→取引所Bで現金と交換という方法を取っても取引所の中で全て完結しているため取引所の中に記録は残るため匿名化されません。

匿名コインの匿名機能を使いたいのであれば、自分の公式ウォレットを作成し取引を行うことで匿名化された送金を行うことが可能です。

Q2匿名コインを匿名送金と透明な送金に分けることは可能?

A2特定の匿名コインでは可能です。

例えば「Verge」という仮想通貨にはレイス・プロトコルという機能が導入されており、公開された送金を行いたい場合はVargeの公開台帳を使用し送金を行い、匿名化された送金を行いたい場合はVargeのプライベート台帳を使用することで匿名化された送金を行うことがワンタッチで可能です。
このように特定の匿名コインでは匿名化するかしないかを利用者の判断によって切り替えられるようになっています。

Q3匿名仮想通貨はどこで購入すれば良いか?

A32018年11月の時点で日本で匿名仮想通貨を購入できる取引所は存在しません。過去にコインチェックという仮想通貨取引所が取り扱いを行なっていましたが、日本の規制の観点から取り扱いを停止しました。そのため現状匿名仮想通貨を購入するには海外の取引所から購入するしか方法はありません。

海外で匿名仮想通貨を購入するのであれば、海外取引所の販売手数用や送金手数料を確認してから購入することをオススメします。例えばPoloniexやBinance、Kraken(日本居住者への営業を停止したため利用できない可能性有)、など知名度も高く、取引手数料も比較的安価なところを選ぶと良いでしょう。

また海外取引所を利用する場合日本円での入金が不可能なため、BTCやETHなど仮想通貨を購入するための基軸となるような通貨を日本の取引所で用意してから入金しましょう。